フェイスリフトとは

フェイスリフト手術は、顔を変える美容整形手術ではありません。
加齢による皮膚のたるみを修正する事によって5年~10年前の若かったときのあなたのお顔を取り戻すための手術です。

基本的には、たるんだ皮膚を元の位置に戻すという考えです。
当院では、たるみ度合いや部位によって細かく分類させて頂いています。

こんな方にお勧めです

  • ほうれい線が気になる方
  • 小顔になりたい
  • ホホがたるんできた
  • 加齢による目立ってきた顔全体のしわを取りたい方
  • 糸のリフトアップ手術をして効果を感じてない方
頬に手を当てる女性

フルフェイスリフト

顔全体のたるみ・ほうれい線(鼻唇溝)・目尻のしわ・口角・アゴから首へかけてのたるみを改善する手術になります。
傷跡は髪の中から耳たぶの後ろになります。

フェイスリフト

パーシャルリフト

頬・ほうれい線(鼻唇溝)・目尻のしわ・口角をリフトアップする手術になります。
傷跡は髪の中(こめかみからもみ上げ部)になります。

パーシャルリフト

ミニリフト

頬・ほうれい線(鼻唇溝)・口元のリフトアップの手術になります。
手術範囲は耳の前か耳たぶから耳たぶの後ろになります。

>ミニリフト

クイックリフト(目尻)

目尻のリフトアップの手術になります。
手術範囲は髪の中(こめかみ部分)になります。

クイックリフト(目尻)

クイックリフト(目尻・頬)

目尻・頬骨・頬のリフトアップの手術になります。
手術範囲は髪の中(こめかみ部分)になります。

クイックリフト(目尻・頬)

ネックリフト

首・アゴのリフトアップの手術になります。
手術範囲は襟足(えりあし)になります。

ネックリフト

切るフェイスリフト手術の流れ

新宿中央クリニック 平田院長の切るリフト手術のデザイン

STEP1デザイン

患者様、おひとり、おひとりのしわやたるみの状態を私が診察致します。
カウンセリングを行い、ご希望に合わせて治療方法をご提案させていただき、オーダーメイドでデザインをしていきます。

切るリフト手術画像 消毒

STEP2消毒

ご希望に合わせたデザインが完成しましたら、次に徹底した衛生管理の元、消毒をしていきます

切るリフト手術画像 麻酔

STEP3麻酔

消毒が終わりましたら麻酔をします。
ご希望に合わせて局所麻酔、静脈麻酔、全身麻酔からお選びいただけますのでお気軽にご相談ください。

切るリフト手術画像

STEP4施術

麻酔が効いてきたことを確認し、施術を開始させていただきます。
痛みを感じることはありませんのでご安心ください。治療にかかる時間はリフト手術の方法によりますが、大体40分~200分です。
切除し筋膜を引き上げて丁寧に切開部を縫合していきます。

軟膏

STEP5冷却・軟膏の塗布

術後、治療した部位を冷却をします。
その後、軟膏を塗布して、肌色テープを貼ります。
ほとんど出血はしませんのでご安心ください。
施術範囲によっては固定バンドをお貸しいたします。

STEP6アフターケア

治療をした翌日からテープは貼ったままで洗っていただき、テープの上から軟膏を塗布してください。
日常生活をしている中でテープが剥がれる場合がありますので、その際は焦らず新しいテープに交換してください。

STEP7抜糸

1週間~10日後にご来院していただき抜糸をします。
術後の経過に問題がなければこちらで切るリフト手術の治療が完了となります。

まずはお気軽にご相談ください

0120-662-238

診療時間10:00〜18:00
[完全予約制・土日祝も開院]